What's DIVORCE!! 離婚解説サイト

ご案内 離婚のパンくずだよ

離婚するまでの流れ

婚姻状態にある男女、つまり結婚している夫婦が離婚することになった場合には、単純な手続きとしては離婚届を提出することで成り立ちます。いわゆる「円満離婚」と呼ばれるような離婚はこのパターンです。

円満に離婚ができればそれで良いのですが、実際そうもいかないことがあります。例えば、

といった場合には、一筋縄で離婚が成立しない事態になってしまいます。夫婦の間の話し合いによって離婚が成立した場合、それは「協議離婚」と呼ばれるタイプの離婚になりますが、これが合意できない場合、以下で挙げるタイプの離婚へと遷移していくことになります。

このように離婚の方法が移り変わっていくことになります。ドラマ等で見かける裁判で離婚したりするというのは、現実では最後の手段のようなものとなっています。

調停離婚

調停離婚においては、家庭裁判所において調停を行い、それが成立すれば離婚となります。

審判離婚

審判離婚は、調停離婚が成立しなかった場合、同じく家庭裁判所において審判と呼ばれるものを行い、それが確定すれば「審判離婚」となります。

裁判離婚

審判離婚においても不満があった場合には、離婚訴訟を行います。これに勝訴すれば「裁判離婚」となります。家庭裁判所から高等裁判所、最後は最高裁判所までいく場合もありますが、これは非常にごくまれであり、そもそも裁判離婚事態が離婚全体の1%程度にとどまっています。