What's DIVORCE!! 離婚解説サイト

ご案内 離婚のパンくずだよ

弁護士に離婚を依頼した場合

弁護士に離婚を依頼するというのはどういうことになるのでしょうか。

弁護士と聞くと裁判所で「異議あり!」と言っていたりするイメージがあるかもしれません。そのため、離婚で弁護士と言っても、何やら裁判離婚にでもならなければ利用することはないと思われるかもしれません。

しかしながら離婚する時には「慰謝料」や「養育費」が問題になる場合があります。こうしたお金に関する部分で、適正な金額がいくらくらいになるか等は、弁護士に相談するのが良いでしょう。

慰謝料

浮気の原因が一方の浮気になる等の場合は、慰謝料を請求することになる場合もあります。また浮気があったという事を示す決定的な証拠も必要になったりします。そうした部分については、弁護士にアドバイスを求めるのが良いでしょう。

親権と養育費

離婚するときに子供がいる場合、その子供をどちらが育てるのか、つまり親権がどちらにあるかはしばしば重要な問題として取り沙汰されます。これには経済的な部分など、様々な部分が考慮されます。また、子供を育てるには教育費など様々な費用がかかります。こうした子供の養育費については、両親が共に支払うべきであるという考えから、親権を持たない親も養育費を支払うことになります。この金額や、いつまで払うかといった事なども、離婚の過程で決めることになりますが、これも弁護士に相談することで妥当な金額を決めることに繋がります。